化粧品OEM・医薬部外品受託製造パートナー|株式会社シーエスラボ

化粧品OEM医薬部外品受託製造パートナー

肌のキメを整える高保湿力のゲルクリーム登場!

1.肌のキメとは何を意味する?
 私たちがふだん何気なく口にしている「肌のキメ」という言葉。これは、具体的に何を意味しているのか、ご存じですか?
 
 キメを漢字で書けば「肌理」。もともと、木材の表面の状態(木目)に由来する言葉であり、転じて、物の表面の細やかさや滑らかさを指す表現として使用されるようになりました。
 美しく整えられた木材の表面のように、凸凹がなく、手でなでると滑るような感触を得られる肌。それが、肌理の細かな肌なのです。
 
 この肌を科学的にクローズアップしてみましょう。肌は、多角形などに隆起している皮丘と呼ばれる領域と、皮丘を取り囲む皮溝と呼ばれる領域の2つから構成されています。この皮溝が細かく浅く、皮丘が鮮明で均一に揃っている肌が、「肌理の細かな肌」。その逆に、皮溝が粗く広がっていて、皮丘が不鮮明な肌は、「肌理の粗い肌」と呼ばれます。
 
 「肌理の細かな肌」と「肌理の粗い肌」との差はどこから生まれるのでしょうか?
 
 鍵は水分量にあります。一般的に肌は、20~40%の水分を含んでいますが、この数値が10%以下になると乾燥し、ターンオーバーがスムーズに行われなくなるのです。
 
 ターンオーバーが滞ってしまうと、層が厚くなり、皮丘が不鮮明なり、肌から滑らかさが失われます。子どもの肌がすべすべしっとりしているのに対して、年齢を重ねた肌ががさがさと乾燥しがちなのは、加齢とともに水分量が減り、肌理が粗くなってしまうため。もちろん、睡眠やストレスも肌理に影響を与える要因ですが、いかに潤いを保つかは、キメの細かな肌を追求する上では欠かせない条件です。

2. 女性が重視するのは「保湿」
 キメの細かな肌には欠かせない保湿・・。では、女性はどのように保湿に取り組んでいるのでしょうか。
 
 自然派化粧品のN社が1104人の女性に2014年に実施したアンケートの結果を見ると、保湿への関心の高さがうかがえます。「保湿対策のスキンケアを使っていますか?」という問いに対して、「はい」と回答した人は全体の88%。約9割の女性が保湿対策のスキンケアを使っているんですね。
 
 肌のごわつきに悩む女性も多いようです。「肌の表面がごわつくことがありますか?」と尋ねたところ、「はい」と答えたのは83%。「肌が粉をふいたようになることがありますか?」の問いに「はい」と答えた人も77%にのぼっています。
 
 「肌が潤っていそうな有名人は?」を尋ねたところ、何人もの女優やタレントの名前が挙がっていますが、その理由は、「肌がツヤツヤして見える」、「透明感がある」、「肌のキメが細かくてきれい」というものでした。
 このアンケートからわかるのは、9割近くの女性が保湿対策を講じているにも関わらず、肌の表面のごわつき、さらには肌の粉ふきといった問題を抱え、なかなか解消できていないという現実です。
 
 保湿力の高いスキンケアの需要の高さを示唆する結果といえるでしょう。

3. 水分量とキメとの関係に着目したゲルクリーム
 キメの細かな肌、潤った肌を追求してやまない女性の志向を受けて、シーエスラボでは、新たに肌の水分量とキメに着目したゲルクリームを開発しました。
 
 スクワランなどの数種のオイルを10%以上配合したこのゲルクリームの特筆すべき点は、水分と油分の絶妙のモイスチャーバランスによって、水分量が上がり、キメが整った肌に導く効果が裏付けられたことです。
 
 シーエスラボでは、20代~40代の女性を対象に、4週間の有用性試験を実施しました。その結果、4週間後の肌は、キメが整い、肌の水分量も多い人では30%もアップしていました。
 同時にアンケートを行ったところ、88%の人が「伸びが良い」と回答し、過半数が「使用後・翌朝、共にしっとりとしている」と回答しました。
 
 シミやそばかすのない美白を追求する一方で、女性はキメの細かさもまた「美しい肌」の条件として位置づけています。保湿力をアップし、肌に潤いをもたらし、キメの細かな肌へと導くゲルクリームは、現代の女性の志向をとらえたスキンケアアイテムといえるでしょう。
 今後も、シーエスラボの技術力や商品開発力にご期待ください。
Page Top