化粧品OEM・医薬部外品受託製造パートナー|株式会社シーエスラボ

化粧品OEM医薬部外品受託製造パートナー

いまエイジングケアは「菲薄化」対応の時代へ・・!!

1. 求められる「スペシャル」な化粧品

 アンチエイジング、エイジングケア。これらの文字が女性誌に踊らない日はありません。女性にとって、加齢による肌の衰えをいかに最小限にとどめるかは大きな関心事なのです。
 ネット上で女性に特化したアンケート調査を実施しているU社の調べによれば、「エイジングケアに関心がある」と答えた女性は81%と、高い割合を示していました。
 
 では、実際にはどのような悩みを抱えているのでしょうか。
 「エイジングケアにおける悩み」についての質問で、もっとも多かった回答は「肌のしみ」、次いで「肌のたるみ」。その後に、「肌のしわ」「乾燥肌」「皮膚老化」が続きます。「しみ・たるみ・しわ」のいわゆる「加齢肌の三重苦」がくっきりと浮き彫りになった格好です。
 「エイジングケア対策」についてはどうでしょうか。同調査では、「何か対策をしている」と答えた女性の割合は低く、全体の44%にとどまっていました。必要性を感じながらも、いま現在は何もしていない、という女性が意外に多いのです。
「対策を講じている」という女性に「具体的な対策方法」を尋ねたところ、一番多かった回答は「エイジングケアに関する化粧品を利用している」でした。これは、「運動」「サプリメント」を押さえての圧倒的な1位です。
 同じように、エイジングケアに関して女性にアンケート調査を実施したインターネットマーケティング会社のI社によれば、「エイジングケアのために現在行っていること」でもっとも多かったのは、「化粧水、乳液を使う」(42.0%)。次いで、「食生活にこだわる」(31.0%)、「規則正しい生活を送る」(29.8%)でした。
 注目すべきは、「今後行いたいこと」でもっとも多かったのが「エイジングケア効果のあるスペシャルケアを使う」(22.8%)だったこと。エイジングケアのためには「スペシャルな何か」が必要だと感じている女性が多いのです。エイジングケア化粧品市場の伸びしろをうかがわせる調査結果ではないでしょうか。

2. いま注目される「菲薄化」

エイジングケア志向がますます高まるなか、肌老化の科学的な解明が着々と進んでいます。肌の老化をもたらす原因は4つあります。

1)光老化 
2)皮膚の乾燥
3)細胞の酸化
4)肌の菲薄化

このうち、1の紫外線による光老化、2の乾燥、3の活性酸素による細胞の酸化についてはよく知られるようになってきましたが、4の肌の菲薄化も肌老化の要因として徐々に注目度をあげています。
肌の菲薄化とは、文字通り、肌が薄くなってしまうこと。加齢とともに弾力性のある肌を支えてきた真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減少するために起きる現象です。
なぜ年齢を重ねると、コラーゲンが減ってしまうのでしょう。その答えは「女性ホルモン」にあります。更年期を迎えると女性ホルモンの分泌量が減る。コラーゲンの分泌量も減少に至ります。そうなると、皮脂を生成する速度がゆるやかになり、若かったときのような肌の柔らかさや弾力性が失われてしまうのです。
肌が薄くなれば、シワも目立ちやすくなり、刺激やアレルゲン、バクテリアに対する抵抗力が薄れ、傷つきやすくなります。肌の菲薄化は「単に皮膚の表面が薄くなる」だけではなく、さまざまなお肌の問題を引き起こす現象といえます。

3. 新機軸のエイジングケアクリーム、登場

 肌老化をもたらす「肌の菲薄化」。この問題に真剣に向き合い、シーエスラボは肌を元気にするために肌なじみの良い原料を独自にチョイスしたエイジングケアクリームを開発しました。
 肌の弾力性の向上を図るため、抗酸化作用や保湿機能を高める効果が期待できる月桃の葉を使用し、コラーゲンも配合しました。その上で、女性ホルモン様の働きがある植物性エストロゲンや大豆イソフラボンをプラス。さらには、ビタミンC高配合のアセロラも取り入れています。
 皮脂膜の成分や組成を科学的にリサーチし、別の成分で皮脂膜の再現に成功。肌の表面を油分でしっかりと補給する機能も加えました。
 シーエスラボが開発したエイジングケアクリームは、加齢による肌の菲薄化にフォーカスし、さらには肌の乾燥や細胞の酸化についても効果のある成分を配合した、まさに「スペシャル」なエイジングケア化粧品といえるでしょう。
 肌老化に関する女性の知識や関心がますます増えるなか、今後、肌の菲薄化が大きくクローズアップされることは確実です。シーエスラボの技術力と商品開発力にご期待ください。
Page Top