化粧品OEM・医薬部外品受託製造パートナー|株式会社シーエスラボ

化粧品OEM医薬部外品受託製造パートナー

日本のフレグランス市場の最新動向

☆:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,*:,..,:*:,★
   1. フレグランス市場のいま
★*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,....*:,..,:*☆
 
 欧米ほど香水の使用がポピュラーではない日本。
では、市場規模はどれぐらいなのでしょうか。富士経済の調べによれば、
2011年のフレグランス市場は340億円(並行輸入品を除く)。2012年の
予測は340億円。ここ数年ずっと340億円前後で推移し、横ばい状況が
続いています。
 海外に目を向けてみると、フレグランス市場は桁違いです。世界の
フレグランス市場は2011年に112億米ドルに達し、2012年には119億
米ドルと予想されています(BBCリサーチより)。
国別ではどうでしょうか。一説によれば、アメリカは約5000億円、
フランスやドイツは2000億円とされていますから、日本の約6倍~15倍。
フランスの人口が日本の約半分であることを考えると、やはり日本の
フレグランス市場は小さいと言わざるを得ません。


☆:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,*:,..,:*:,★
   2. 日本人の香りへのこだわり
★*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,....*:,..,:*☆

 しかしながら、日本には独特のフレグランス使用傾向があるようです。
フレグランスを取り扱う企業が会員に「香水を利用する理由」を尋ねた
ところ、次のような結果が出ました(2010年3月実施)。

 1. 心が安らぐ … 53%
 2. 周りに好印象を与えられる … 33%
 3. リフレッシュ … 11%

 「自分を香りで印象付ける」「香りによって自分を他者にアピールする」
という動機は少なく、「好みの香りを身につけることで、心がほぐれ落ち
着き、気分転換にもなる」という理由が大半を占めています。
2位の「周りに好印象を与える」という答えも、他者を気にする日本人
らしい回答ではないでしょうか。
 香りに安らぎや気分転換を求める日本人は、生活のさまざまな場面で
香りに親しんでいます。香りのついた柔軟剤、香りのついた衣類・布製品
用消臭スプレー、アロマオイルやアロマキャンドル、アロマディフューザー、
入浴剤、室内用消臭芳香剤、お香、ルームフレグランススプレー、匂い
袋やサシェ。弊社でも、香水以外にもルームフレグランス、ヘアケアなど
香りにまつわる案件が増えています。日々の暮らしの中で香りを楽しむ
傾向はますます高まっているようです。


☆:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,*:,..,:*:,★
   3. 新形状のフレグランス
★*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,....*:,..,:*☆
  
 毎日の暮らしの中で気軽に香りと親しみたい。
そんな女性のニーズを踏まえて新しい形状のフレグランスが登場しました。
弊社が開発した「フレグランスジュリー」は、リキッドでもない、練り香水
でもない、新しいジェル形状のフレグランスです。
 重くべたつかず、軽くサラサラとした使用感が特徴の「塗るタイプ」の
フレグランスは携帯しやすいミニジャー入り。いつでもどこでも気軽に香りを
楽しめるよう、コンパクトサイズに仕上げました。化粧ポーチに入れても
違和感なく収まるので、デートの前にちょっと利用するといった使い方も
可能です。
 この「フレグランスジュリー」のもう一つの特徴が、ジュエリーのように
きらきらと輝くラメ入りということ。首筋やデコルテ、手首に塗れば、香り
だけでなくラメも同時に演出できるわけです。 
 女性の間でいま人気のフレグランスタッチに処方することはもちろん、
現行品で販売している香りをジェル化することもできます。シリーズの
新たな商品として、あるいはちょっとしたノベルティにぴったりのアイテム
です。練り香水ほど重くなく、使用量の調整も簡単な「フレグランス
ジュリー」はパーソナル需要としてはもちろん、プレゼント需要も期待
できます。ジュエリーに添えて「フレグランスジュリー」をプレゼントする
という趣向も好まれそうです。
 香料については2週間の余裕があれば、依頼に対応可能なほか、
ラメの量をもっと増やし、キラキラ感をさらに高めることも可能です。
今年のクリスマス商材をお探しの方にはぜひ注目いただきたい商材です。

Page Top