化粧品OEM・医薬部外品受託製造パートナー|株式会社シーエスラボ

化粧品OEM医薬部外品受託製造パートナー

洗浄剤の保湿機能評価

☆――――――――――――――――――――――――――――――――――  
           洗浄剤の保湿機能評価
―――――――――――――――――――――――――――――――――――★
■敏感肌女性の支持を集める低刺激性洗浄剤

 清潔志向が世界一強いといわれる日本人にとって、洗浄剤は欠かせないアイテム。
その種類は、石けんからボディシャンプー、ハンドソープ、シャンプーなど、
多岐にわたっています。私たちが洗浄剤を使用する目的は「洗浄により汚れや余分な
皮脂を取り除くこと」にありますが、身体を洗うことによるデメリットもゼロでは
ありません。
天然保湿成分(NMF)という言葉をご存じでしょうか。自分の肌を「敏感」と感じる
敏感肌女性が増えている昨今、女性誌や美容誌でNMFという言葉を目にすることが
多くなりましたが、その意味するところとは、アミノ酸やミネラルといった水分
保持力を持った物質のこと。お肌自身が持っている保湿成分と言えばわかりやすい
でしょう。このNMFが流出してしまうと、角質保湿機能が低下し、角質が持つバリア
機能を低下させることもあるのです。
 NMF流出をできるだけ少なくしたい。こうした女性の志向に応えて、近年、
「低刺激」をうたう洗浄剤の人気が高まっています。では、低刺激の洗浄剤は、
従来の洗浄剤とどう違うのでしょう。一般的な洗浄剤は、洗浄成分としてせっけん
成分や硫酸塩が用いられています。泡立ちがよくさっぱりとした洗い上がりが特徴です。
これに対して、最近は低刺激の洗浄剤が多く開発されており、例えばアミノ酸系洗浄剤が
使用されています。
皮膚のpH変化や細胞毒性が低く、刺激が少なく、NMFの流出も少ないとされ、天然の
保湿成分をプラスしたものも少なくありません。肌への刺激が少なく、保湿力が高い。
これが、低刺激洗浄剤が敏感肌女性に支持されるゆえんです。

■評価試験の目的

 弊社では、従来型の汎用タイプの洗浄剤と低刺激洗浄剤を使った後、肌の水分量が
どう変化し、肌のきめがどのように変わったのかを探る保湿機能の評価試験を、温度と
湿度を一定に保った恒温恒湿度ルーム内で実施しました。

■評価試験の概要

1. 使用する洗浄剤
 汎用タイプ(汎用洗浄料を使用した一般的な洗浄剤)と、低刺激タイプの洗浄剤
 (低刺激洗浄剤と保湿成分を多く配合した敏感肌やベビー向けの洗浄剤)の2種類
2. 測定箇所

3. 試験環境
 弊社の恒温恒湿ルーム(温度:25℃±1℃ 湿度: 50%±5%に保たれ、肌の状態を
測定するにはベストの環境です)
4. 試験方法
 洗浄剤を使って「洗う」「流す」を10回繰り返し、前後の肌の変化を確認します。
5. 測定内容
 A 肌の水分量の測定
 B 肌水分蒸水量の測定
 C 画像による肌のきめの撮影

■測定結果
測定した結果を以下にご紹介しましょう。
 【結果】
A 肌水分量 
 表1 洗浄による肌水分量の変化
  汎用タイプ 低刺激タイプ
洗浄前 1 1
洗浄後 0.82 0.93

洗浄後の値が高い方が肌の潤いが高いということ。低刺激タイプの方が肌水分量が
多いことが表からおわかりいただけるでしょうか。


B 肌水分蒸発水量
表2 洗浄による肌水分蒸散量の変化
  汎用タイプ 低刺激タイプ
洗浄前 1 1
洗浄後 1.76 1.24

 値が低い方が肌のバリア機能が高いことを示しています。洗浄前の値を1とする
と、刺激タイプの方が値が低く、肌のバリア機能を残していることが確認できました。
NMFや細胞間脂質の流出および角層の剥離が少なく、肌に対してマイルドであるという
結果です。

C 肌のキメ
 洗浄前はどちらもキメが整った状態でしたが、洗浄により鱗屑(何らかの原因に
より皮膚の角層がはがれた状態)が観察されました。
 さらに、画像解析による鱗屑のスコアを求めたところ、表のようなデータが得られ
ました。

表3 洗浄による肌鱗屑量の変化
汎用タイプ 低刺激タイプ
洗浄前 1 1
洗浄後 2.24 1.31
 
 低刺激タイプの方が鱗屑量が少ない。つまり、皮膚の角層が汎用タイプよりもはが
れ落ちていないことが確認できたのです。
 
■保湿機能評価試験の意義と役割

 「保湿」や「低刺激」は競合激しいマーケットで他社と差別化できる重要なキー
ワード。男性はメントール成分など、さっぱり感を求めますが、女性は圧倒的に
保湿力重視派。この傾向は顔だけでなく、ボディに関しても同様です。
また、最近では、犬やネコなどペットに使用する洗浄剤にも、人間用の洗浄剤と同じ
ような保湿力を求める生活者が増えています。
 弊社では、体にボディミルクを塗った後の変化を見る短期的試験のほか、長期的に
製品を使用した場合に身体の状態がどう変わるかを追跡する長期試験も手掛けています。
スキンケア類であれば、石けん、泡フォーム、クリームなどタイプにかかわらず、
測定は可能。
 季節がこれから秋・冬へと向かっていくいま、保湿力へのニーズは高まるばかり。
保湿機能に関する確かなデータを得れば、販売時のモチベーションは高まるはずです。
拡張するマーケットで優位に立つために、ぜひ保湿機能評価試験に関してお問い合わせ
ください。
Page Top