化粧品OEM・医薬部外品受託製造パートナー|株式会社シーエスラボ

化粧品OEM医薬部外品受託製造パートナー

美白剤配合製品の有用性試験

☆―――――――――――――――――――――
 美白剤配合製品の有用性試験
――――――――――――――――――――――★
■美白剤マーケットの伸び
「いつまでも肌を白く、美しく保ちたい」。
日本女性の美白志向が高まり始めたのは90年代に入ってから。紫外線が肌に
与える悪影響が広く知られるようになり、美白化粧品のマーケットは急拡大しました。
 美白剤の研究開発が進み、アルブチン、エラグ酸、カモミラET、コウジ酸、ハイドロ
キノン、ビタミンC誘導体、ルシノール等など、化粧品市場にはさまざまな美白剤を
配合した化粧品が出現しています。
 注目すべきは、こうした美白成分配合の化粧品の種類が多岐にわたっている
ことでしょう。化粧水、乳液、クリーム、美容液、パックといった基礎化粧品に
とどまらず、ファンデーションやコンシーラーなどベースメイクの領域にも広がりを
見せています。ボディ用やハンド用の美白化粧品も珍しい存在ではありません。
女性が美白したい肌は顔だけではない。頭のてっぺんからつま先まで全身に及ぶ、
といっても過言ではないのです。
 これだけの美白化粧品があふれている今、ますます重要性を増しているのが
美白剤配合製品の有用性試験です。メラニンの量がどれだけ変化するのか、時間の
経過とともに肌にどのような変化をもたらすのか。
美白剤の効果はどれほどのものなのか。有用性試験が果たす役割は高まるばかりです。

■有用性試験の目的
弊社では、人工的に発生させた紫外線を肌に照射して日焼けを起こさせてから
製剤を塗布し、4週間にわたってメラニン量を測定しています。
紫外線で焼いた肌に美白剤を塗った場合と塗らなかった場合とではいかなる変化が
見られるのかを科学的に探るのが狙いです。

■有用性試験の概要
1. 使用する美白剤 :どのような美白剤でも対応できます
2. 測定場所 :外的環境からの影響を受けにくい個所(例:前腕の内側)
3. 測定期間 :4週間
4. 試験方法 :被験部位に紫外線B波を90秒間照射し、紫外線照射3日後より
製剤塗布を開始します(塗布は1日2回実施)。
5. 測定内容 :分光測色計によりメラニン量指数を測定し、美白剤配合製品の
有用性を比較します。日焼け部の画像も合わせて撮影します。

■測定結果
20代男性の前腕内側で測定した結果を以下にご紹介しましょう。
 【結果】
メラニン量指数の値の変化を示しています。
値は紫外線照射前を1とした時の相対値です。

表  メラニン量指数の値の変化
 
紫外線
照射前 紫外線照射
3日後 製剤塗布
1週間 製剤塗布
2週間 製剤塗布
3週間 製剤塗布
4週間

美白剤入り製品塗布 1 1.178 1.292 1.220 1.157 1.012
塗布なし 1 1.217 1.331 1.344 1.186 1.007
美白剤入り製品を塗布することでメラニン量減少が早くなることが確認されました。

■有用性試験の意義と役割
分光測色計による肌測定では、メランン量だけでなく、皮膚の色味の変化を
追いかけることもできます。皮膚のくすみ、肌のトーンの変化などにも、弊社の
装置を活用することができるのです。
有用性試験の結果は、お客様に美白剤配合化粧品をお勧めする際にも力を発揮します。
メラニン量が確実に減少することを社内で把握・確認することで、お客様への説得力が
増すからです。いますでに美白マーケットで製品を投入しているメーカーやブランド、
これから美白マーケットへの参入を予定しているメーカー・ブランド。
どちらにとっても、美白剤配合製品の有用性試験は確実に「社内の自信」につながり、
「販売」に直結する試験といえるでしょう。
Page Top