化粧品OEM・医薬部外品受託製造パートナー|株式会社シーエスラボ

化粧品OEM医薬部外品受託製造パートナー

恒温恒湿室本社設置のお知らせ

☆―――――――――――――――   
 恒温恒湿室本社設置のお知らせ
――――――――――――――――★
恒温恒湿室は、化粧品の使用前と使用後の変化を客観的に測定し評価する専用の
環境です。
昨年度までは群馬工場に設置しておりましたが、このたび、東京本社に移転を敢行
し、本格稼働に入っております。

■移転の狙い
 巨大消費市場である東京に設置することで、より多くのお客様に身近にご活用いた
だきたいーー。
これが移転の理由です。
お客様の大半は首都圏在住であり、群馬まで足を運んでいただくのはこれまで
距離的に難しい面があったのですが、移転により気軽にご利用いただけるようになり
ました。

■ご利用者の反響
 恒温恒湿室はお客様へのサービスの一環としてご利用いただいております。
当社のアドバイザーの立ち会いのもと、自社製品と他社製品の比較測定など、
生理学的データに基づいた機能性を評価できるのが最大の特徴です。
利用者の中ででもっとも多いのは、美容部員など化粧品販売の最前線に立たれる方が
「中立的なデータを測定し、自社製品の優位性を体感した上で販売につなげたい」
「自信を持って商品をお客様にお勧めしたい」というケースです。研修の測定データ
を使用したいというお申し出もいただいております。

■備えられた9つの装置
 季節によって移り変わる温度や湿度に影響されることなく、
肌の状態を正しく科学的に観察し評価するために、恒温恒湿室の内部では、
温度・湿度が常に以下のように一定に保たれ、コントロールされています。

 温度 : 23℃±1℃
 湿度 : 50%±5%

 この環境下で、恒温恒湿室は以下のような9種類の生理データ測定装置を活用して
います。
 1. 水分計 Corneometer  表皮角層の水分測定
 2. pHメーター Skin pH Meter  皮表のpH測定
 3. 油分計 Sebumeter  皮表脂質の測定
 4. 皮膚粘弾性測定装置 Cutometer  肌のハリ(弾性)の測定
 5. 水分蒸散量測定装置 Tewameter  皮膚から蒸散する水分の測定
 6. メラニン・紅斑測定装置 Mexameter 皮膚のメラニン量とへモグロビン量を測
   定し、肌色(メラニン量・紅斑量)を解析
 7. 皮膚拡大カメラ Microscope 皮膚の拡大画像を撮影し(可視光で皮膚のキメや、
紫外光で色素沈着を見る)、皮膚の臨床データを測定
 8. 二次元皮膚表面解析装置 Visioscan VC98 皮膚の「粗さ」「鱗屑」(表皮の
角質が肥厚し、剥離したもの)「しわ」「滑らかさ」の皮膚表面形態の測定 
 9. 肌画像解析システム Roboskin Analyzer 顔全体を撮影し、毛穴・しわ・色素
沈着・赤味・色味・明度分布の解析

■好評な肌画像解析システム
 9種類の装置ともに、測定結果は気象条件に左右されることなく、客観的な数値と
して記録されますが、とりわけお客様から好評をいただいているのが、9の肌画像解析
システムです。女性の肌の状態は、春と冬、晴れと雨、午前と夕方とでは数値にかなりの
違いが生じます。この変化を明確に把握するために、測定時にはお客様に恒温恒湿室で
まず2時間ほどリラックスしていただき、その後、測定に入ります。
肌を部屋の環境になじませた上で、毛穴やしわ、色素沈着の状況を目でクリアに確認
できるのです。
このわかりやすさ、客観性が好評の要因といえるでしょう。

■美白とUVカット機能を評価する手法を追加
 移転に伴い、恒温恒湿室には新たに2つの機能性評価手法を導入いたしました。
 (1)美白機能評価 
 人工紫外線照射装置により紫外線を照射した後、左右の手に美白化粧品を塗布
し、1週間後に分光測色計によってメラニン量の指数や明度を測定する手法です。
 (2) サンスクリーン化粧品のUVカット機能評価
   (1)と同様に紫外線を照射した後、サンスクリーン剤を塗布し、数日後に分光
測色計によってメラニン量の指数や明度、赤味を測定する手法です。
美白やUVカット機能は現代の化粧品には欠かせない要素です。
この2つの評価手法によって、どれだけメラニンが生成したのか、肌の明度はどう変わ
ったかのか、 自社製品と他社製品との比較が簡単にでき、自社製品の優位性を
データの上で体感できるようになりました。
 
■今後の計画
 新たに追加した機能性評価手法と既存の装置を組み合わせることで、皮膚の
粘弾性とシワ、メラニン量の変化など、さまざまな組み合わせが可能となりました。
 今後も、いろいろな機能性評価手法を検討しております。「こんな試験はできませ
んか」「このようなデータを取ることは可能ですか」など、ご要望がございましたら、
ぜひお声かけください。

Page Top